低血糖の症状にはどんなものがあるの?【現役看護師が解説】

ねこちゃん

血糖値が46だった患者さんに、「自覚症状ありますか?」って聞いても、「ない。」って言われちゃって💦
なんて聞けば良かったの?

とうこ

自覚症状がない場合もあるからね。
でも、「〇〇はありますか?」って聞いてみるといいかもね。

患者さんは、低血糖の症状が出ていても、その症状の原因が低血糖だと思っていない場合があります。
なので、「〇〇はありますか?」と聞けるといいですね。

この記事で分かること

低血糖の症状にはどんなものがあるのかが、具体的に分かります。

目次

覚えてほしい「はひふへほ」

覚えてほしいのは「はひふへほ」です。

は=腹が減る(強い空腹感)
ひ=冷や汗
ふ=震え(手足の震え)
へ=変にドキドキ(動悸)
ほ=ほっとくと昏睡

とうこ

覚えていれば「空腹感はありますか?」とか聞けるでしょう?

「はひふへほ」の他に知っておいてほしい、作業能力の低下と気分の変化

覚えてほしい「はひふへほ」の他にも、作業能力の低下や、気分の変化がある場合があります。

作業能力
  • 眠気
  • 集中力低下
  • 考えがまとまらない
  • 言葉がつまる
  • 動作緩慢
とうこ

私は「眠気とか、ぼーっとする感じはありますか?」って聞いているよ。

気分
  • イライラ
  • 不安感
  • 悲しい
  • 幸せ
とうこ

私は「イライラしたり、不安な感じはありますか?」って聞いているよ。

糖尿病療養指導士を目指すなら覚えておきたいこと

低血糖の症状は、交感神経症状と副交感神経症状があります。

交感神経症状
  • 発汗
  • 頻脈
  • 動悸
  • 手指振戦
  • 顔面蒼白

交感神経症状は、血糖値が70mg/dl以下の時、カテコールアミンの上昇によって起こります。

カテコールアミンはインスリンの拮抗ホルモンです。
血糖値が下がると、血糖値を上昇させるためにカテコールアミンが分泌されます。

副交感神経症状
  • 頭痛
  • 空腹感
  • 動作緩慢
  • 集中力の低下
  • 眼のかすみ
  • 傾眠
  • 異常行動

副交感神経症状は、脳や神経細胞のエネルギー不足によって起こります。

血糖値30mg/dl以下
  • けいれん
  • 意識障害(昏睡)
とうこ

低血糖昏睡は、後遺症として脳障害が残る恐れがあるよ。

予兆なしで突然起こる無自覚低血糖

空腹感や冷や汗などの初期症状がないまま、突然意識を失うなどのするのが、「無自覚低血糖」です。
普段から低血糖をよく起こす人(特に1型)や、自立神経障害が進んでいる人に起こりやすいと言われています。
予防するには、低血糖を繰り返さないようにする事が大切です。

まとめ:症状には個人差がある

低血糖の一般的な症状をご紹介しました。

でも低血糖の症状には個人差があります。
症状の出やすい人もいるし、出にくい人もいます。
また、初期症状のあらわれ方には、それぞれ決まった傾向があります。

とうこ

患者さんに「普段低血糖になると、どんな症状が出ますか?」と聞いてみるといいよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

35歳で看護師を志して、36歳で看護学校に入学。
40歳で看護師になりました。
看護師歴約10年です。
看護学生時代にうつ病になり、約10年闘病しました。
病棟経験はほとんどありませんが、糖尿病クリニックで働きながら糖尿病療養指導士の資格習得を目指して勉強中。
2021年に夫が永眠し、グリーフケアの勉強も始めました。
茶トラくんと三毛猫ちゃんの兄妹(4歳)と一緒に暮らしています。

目次
閉じる