【書評】愛する人を失ったときあなたに起こること|悲しみを癒やすには

あなたは家族や友人など、身近な人を失ったことがありますか?

「ある。」と答えた方。
本当にお辛い経験をされましたね。
その悲しみは癒やされましたか?

私は2021年7月に、夫を亡くしました。

亡くなって間もない頃は、仕事の合間に役所や銀行の手続きなどがあり、忙しくしていました。


手続きが一段落した頃、体が鉛のように重くなり、頭にも鉛が入っているようで動けなくなりました。
食欲もなく、気付けば体重は3kg落ちていました。
仕事にも行けなくなりました。

とうこ

「このままじゃダメだ。」と思った時に、1冊の本を手にしました。


この本のおかげで一歩踏み出せたので、どんな本なのかご紹介します。

この記事で分かること

死別の悲しみを癒やすにはどうしたらいいか分かります。

目次

グッときたところベスト3

1位 何度も話す

死別の悲しみを癒やすには、何度も話をすることから始まります

愛する人を失ったときあなたに起こること 著:松家かおり

役所や銀行の手続きが終わったのは、夫が亡くなって3ヶ月ほど経った頃でした。
ある朝、仕事に行くためにベッドから起き上がろうとしても、身体が鉛のように重くて起き上がれません。
頭にも鉛が入っているようで、何も考えられません。
分かったのは「この状態では仕事に行けない。」ということだけ。
やっとの思いで、職場に欠勤する旨を連絡しました。

とうこ

「今までの疲れが出たのかな。」
「1〜2日休めば大丈夫だろう。」と思っていました。

でも、ダメでした。
そもそも眠れないし、食べれない。
お風呂に入ることすら面倒でした。

そんな時にこの本を読みました。
本には「死別後の悲しみを癒やすには、何度も話すことから始まります。」と書いてありました。

とうこ

母や友人に「辛い気持ちを聞いてほしい。」と言えば聞いてくれたと思います。

でも私は、「心配をかけたくない。」という気持ちが大きくて、話しませんでした。
「立ち直った私」、「元気な私」を期待されているような気がしていたのかもしれません。

辛い気持ちを話さなかった理由がもう一つあります。

それは、
「夜になれば、帰ってくるんじゃないか。」
「明日になれば帰ってくるんじゃないか。」
「今は悪い夢を見ているだけ。」という気持ちがあったからです。

頭では、夫が亡くなったことは分かっていました。

でも、心がついてこないのです。

頭と心のギャップを埋めるには、この本にあるように、誰かに話したほうがいいんだろうと思い、臨床心理士さんのカウンセリングを受けることにしました。

2位 亡くなった人の願い

亡くなった方もあなたの幸せを願っているのではないでしょうか

愛する人を失ったときあなたに起こること 著:松家かおり

夫が亡くなってから、自分のことなど考えている余裕はありませんでした。
ただひたすら、毎日の仕事や家事、飼い猫の世話をするだけで精一杯でした。

今までの私の幸せは、夫と話し、笑っていること。
夫のいない今、それはもう叶いません。

夫は優しい人でした。
きっと、いえ絶対に、夫は私の幸せを願ってくれている。

とうこ

「今の私の幸せって…?」

「私の幸せ」は正直に言うと、今でもよく分かりません。
でも私が悲しんでばかりいると、夫が悲しむような気がします。


だから、悲しくなった時はいつでも見れるように、夫が描いたイラストを家にいくつも飾りました。
イラストを見ても悲しい時は、夫が使っていたギターの練習をします。
ギターを弾けば夫も喜んでくれると思いますし、ジャカジャカ弾いているとモヤモヤも消えていきます。
そういう日々の積み重ねが、幸せに繋がるのかもしれませんね。

3位 亡くなった人も分かってくれている

あなたは、あなたなりに一生懸命やってきたことでしょう。
あなたのことは、亡くなった人も分かってくれていたはずです。
あなたは一生懸命、努力したことに、自信と誇りをもっていいのです。

愛する人を失ったときあなたに起こること 著:松家かおり

夫が亡くなった事で、「努力が足りなかったんだ」と自分を責める気持ちで心がいっぱいでした。

生前は夫の通院に付き添ったり、話も聞いたりしました。
決して100点満点ではないけれど、私なりに努力したと思います。

夫はそんな私に「ありがとう。」と言ってくれました。
到らない私を認めてくれたのです。

だから私も、私の努力を認めようと思います。

どんな人にオススメなのか

大切な方を亡くした経験のある方にオススメです。

とうこ

日常生活や仕事を優先して、ご自分の心のケアを後回しにしていませんか?


後回しにしているうちに、グリーフ(死別による悲しみ)は心の奥深くへいってしまいます。

私も身体が悲鳴を上げて、初めて心のケアの重要性を知りました。

皆さんも身体の症状が出る前に、ぜひ心のケアをして下さい。

まとめ

この本を読んで、カウンセリングを受けました。
臨床心理士と1対1でのカウンセリングです。

辛い気持ちを思いっきり話した事や遠慮せず思いっきり泣いた事、「辛かったですね。よく頑張りましたね。」と労ってもらった事で、心が軽くなってきたように思います。

辛い気持ちを話すという機会はなかなかありません。
あなたが悲しみを一人で抱え込んでいるなら、ぜひカウンセリングを受けてみることをオススメします。

この本にはカウンセリング以外にも「あなたを癒やす7つのワーク」を紹介しています。
あなたの心が軽くなる一助になると思います。

あなたが癒やされ、笑顔と自信を取り戻せますように。

目次・著者プロフィール・本の詳細

本の目次

序章:死別の悲しみを癒やすグリーフケアとは何か?
第1章:愛する人を失ったときあなたに起こること〜7つの事例とアドバイス〜
第2章:あなたは誰を亡くしましたか?どんな亡くなり方をしましたか?〜それぞれの悲しみの特徴と注意点〜
第3章:死別の悲しみを相談する相手の選び方
第4章:死別後の過ごし方〜無理をしない。焦らない。妥協しない。〜
第5章:あなたはあなたらしく生きればいい!
第6章:グリーフと上手に付き合うために
第7章:あなたを癒やす7つのワーク

著書プロフィール

著者:松家かおり(グリーフカウンセラー)

1971年東京生まれ。

2007年(平成19年)カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を開設。
プリザーブドフラワーを使ったセラピーやカウンセリングを中心に活動。
2008年(平成20年)自ら死別体験をしたことで、グリーフカウンセリングに出会い、資格習得後、グリーフカウンセラーとして活動中。
カウンセリングルームでは個人を対象にしたカウンセリングやセラピーを中心に行っているが、講演会やワークショップ、ボランティアにも力を入れている。
ブログ、メルマガにてグリーフに関する役に立つ情報を随時配信中。

本の詳細

2018年1月15日 初版発行
2019年1月30日 電子版発行

著者:松家かおり
発行者:川内長成
発行書:株式会社 日貿出版社


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

35歳で看護師を志して、36歳で看護学校に入学。
40歳で看護師になりました。
看護師歴約10年です。
看護学生時代にうつ病になり、約10年闘病しました。
病棟経験はほとんどありませんが、糖尿病クリニックで働きながら糖尿病療養指導士の資格習得を目指して勉強中。
2021年に夫が永眠し、グリーフケアの勉強も始めました。
茶トラくんと三毛猫ちゃんの兄妹(4歳)と一緒に暮らしています。

目次
閉じる