自己紹介

ブログを見に来ていただいて、ありがとうございます。

とうこ

36歳で看護学校に入学し、40歳で看護師になりました。
とうこです。

私は、現在、内科のクリニックに勤務しています。
看護師になって早10年、やっと「看護師やってて楽しい!」と思うようになってきました。

今までは、「看護師向いてないよ…。」と毎日思っていました。

目次

とうこってこんな人

うつ病

看護学生時代に、うつ病を発症し、約10年闘病しました。
一時寛解しましたが、2021年夫の急逝に伴い再発し、今は内服治療とカウンセリングを受けています。

茶トラくんと白三毛ちゃんの保護猫兄妹(4歳)と暮らしています。
茶トラ君は、毎朝5時に人の顔を舐めて起こしに来ます。
白ミケちゃんは、猫じゃらしが大好きで、よく持ってきます。
かわいいです。

片頭痛

片頭痛持ちで、たまに、頭痛&嘔吐で寝込んだりしてました。
ひどかった頃は、吐きすぎて、2か月で10㎏痩せました。
今でも雨の日や、月経の前、スマホを見すぎたりすると辛いです。

なので家事は適当です。
得意料理は、卵雑炊です。

趣味

看護師になるまでは趣味で、クラッシックバレエを習っていました。
お稽古を再開させたいのですが、片頭痛持ちなので、毎週決まった曜日にお稽古に行けるのかが不安で、なかなか再開出来ていません。

「バレエを習っていた。」と言うと、ほぼ確実に、「180度開脚出来るの?」とか「Y字バランスやって!」とか言われますが、

出来ません!!
趣味ですから!!

でも180度開脚には憧れていますし、お稽古も再開したいので、密かに自宅でストレッチをしたりもします。

看護学生時代にうつ病を発症し、留年

36歳で看護学校に入学したので、クラスで最年長でした。

なぜか、謎の責任感が発動し、「最年長なんだから、しっかりしないと!」とか

「若さ=元気=体力」がないんだから、その分、知識でカバーしないと!とも思って、必死で勉強していました。

必死過ぎて、睡眠時間や気分転換の時間を削り続けました。

3年生の実習中、朝起きられなくなり、なんとか起きても、だるいし、熱っぽいし…。
それでも、頑張って行きましたが、行く途中は涙が止まりませんでした。

そんな日が続き、実習を欠席する事が増え、留年が決まりました。

学校の先生から勧められ、心療内科を受診しました。

初診の日、涙が止まらず、うまく話せませんでした。

先生は1時間近く私の話を聞いてくださって、「辛かったですね。」と言い、ボックスティッシュを箱ごと差し出してくれました。

その日から抗うつ剤と、抗不安薬の内服が始まりました。

病棟に入職したけど、うつ病再発&悪化

抗うつ剤と抗不安薬を内服し続け、なんとか小康状態を保ち、総合病院の内科病棟に就職しました。

でも、勤務初日、師長さんに
「40歳で、新しい事なんて覚えられるはずないでしょう!!」と言われ、ほぼ毎日入浴介助と体交しかやらせてもらえませんでした。

たまに、突然「今日は部屋持ち」という日もありましたが、もちろん何も出来ず、激おこされ、また入浴介助…というループでした。

とうこ

なんで看護師になったんだろう…。

と思い悩み、

  • 段々と夜眠れなくなる
  • 朝起きるのが辛い
  • 無理やり行こうとしても、途中で涙が止まらない

という状態になりました。
学生時代に、同じ経験があったので、かかりつけの心療内科の先生に相談しました。

先生から、

  • すぐに休みなさい
  • 自宅療養が必要という診断書を書くから、休職しなさい

と言われ、入職してから、わずか5か月、9月に休職しました。

とうこ

人よりスタートが遅いんだから頑張らないといけないのに、何をやっているんだろう…。

という自責の念に苛まれましたが、1か月休職した後、退職しました。
復職して、また師長さんや先輩方の、ご指導という名のパワハラに耐える自信がありませんでした。
病棟に行くのが怖かったんです。

超絶ブラックのクリニックに入職し、先生から毎日怒鳴られる

退職後何もやる気が起きず、これから何をしたらいいのかも分からず、毎日だらだらしていました。

数か月後、病棟で同期だった子がクリニックに転職しました。

「先輩達が優しいよ~。」という言葉に飛びつき、「私もそこで働きたい!」などと思い、同じクリニックに入職しました。

確かに、先輩達は優しかったです。
先輩たちは!

でも、院長が超絶パワハラマンでした。

  • 看護師が電カルを開く事は許されない
  • 先生の思い通りにならないと、舌打ち&怒鳴られる
  • 決め台詞は「看護師なんかに何が分かるんですか!!!」 などなど

それでも、40歳で病棟経験もないから、他で雇ってもらえないよな…と思って5年、耐えました。

内科のクリニックに入職し、神のようなリーダーさんに出会う

その後、内科のクリニックなどに転職しましたが、どうも身体に合わず?、いずれも2~3か月で退職しました。

とうこ

看護師になったのは間違いだったかな…。
看護師向いてないのかな…。

という考えが頭から離れませんでしたが、ダメ元で受けた、近所の内科のクリニックに合格し、入職しました。

とうこ

全然自信はなかったんですが、「せっかく受かったんだから、クビになるまでやってみよう。」という考えでした。

案の定、

  • 採血は下手(だって、トンボの採血やった事なかったし!)
  • 問診でも何を聞いたらいいか分からない(電カル開いたら怒られる所でずっと働いてたから)
  • アセスメントも出来ない(同上)
  • 検査をしても、コストを取り忘れる(検査をするだけで精一杯)

毎日毎日、何も出来ない自分が申し訳なくて、「早くクビにしてくれないかな…。」と思っていました。

その日も失敗して、リーダーさんにどうしたらいいのか教えてもらっていました。

何にも出来ない事が申し訳なさ過ぎて、思わず泣いてしまい、「手の掛かるババアですみません!!!」と言いました。

リーダーさんは、
「その日、分からなかった事を1個づつ、解決しましょう。
私も分からない事だらけですよ。
一緒に頑張りましょう!」

と言ってくれました。

「神だ!」と思いました。

ここでも先輩看護師からのパワハラに苦しむ

しかしながら、またしてもパワハラに遭います。
今度はお局です。

あまりにも、私が何も出来ないので、指導が日々厳しくなっていきました。

「一緒に働く人への思いやりが足りない。」だの
「患者さんへの説明が足りない。」だの
「採血、あんなに血管怒張してたのに、なんで失敗したの?」だの…。

「なんで失敗したのか、分かってたら失敗しないよ!」
「毎日毎日、クレーマーかよ!」
「話長いんだよ!」
と思いながら、どうする事も出来ずにいました。
ただただ、勤務が被らないように祈るばかりでした。

突然のパワハラ終了

ある日、お局の飼っているペットの体調が悪いので、休みたいという話になりました。

私が代わりに出勤しました。

翌日会うと、
「とうこさんのおかげで~~、昨日は休ませてもらえて~~、ありがとね~~」
と、今までのパワハラはなかったように、気持ち悪い位フレンドリーに接してくるようになりました。

勤務変わっただけですよ!?

今では、勤務終わりに、お茶に誘われます。

とうこ

意味分からんです…。

パワハラされていても、実は、毎日勉強していました

毎日パワハラの被害に遭い、当時は、家に帰ってきてから泣いてました。
夫にも、よく話を聞いてもらいました。
「辛かったら、今すぐ辞めたら?」とも言ってくれました。

でも、夫に心配かけたくなかったし、(←かけたけど)
リーダーさんが優しくて神だったし、
辞めるのが悔しかったので、


「出来るようになってやる!!」
「お前を抜いてやる!!」(←言葉づかい…)

と、毎日勉強しました。

仕事でへとへとの日は、採血のやり方の動画を見るだけ、とかですけど。

昼休みも、10分でも20分でも勉強しました。
私の問診の後、先生はどんな診察をしたんだろう?とカルテを見返したり、
処方された薬を調べたりしていました。

ブログで伝えていきたい事

そんな感じで今に至ります。

今は、採血もほぼ成功しますし、患者さんと話すのが楽しいです。

パワハラもないです。
(何か言ってきても、根拠をもって反論すれば、お局様が黙ることを発見しました。)

ただ、看護師業界にパワハラが多いのも事実です。

なので、マインド面では

  • パワハラなんかに負けないでもらいたい
  • うつ病なんかに負けないでもらいたい
  • 看護師の仕事なんて、いくらでもある

技術面では

  • 内科のクリニックで働くなら、こんな事が出来れば大丈夫

という事をお伝えしたくて、ブログを始めました。

繰り返しますが、
皆さんなら、絶対に大丈夫です!!
一緒に、乗り越えていきましょう!!

夫の急逝

2021年7月、夫が急逝しました。

夫とはよく話し、笑い、どこに行くのも一緒でした。
イラストの上手な人で、このブログのイラストも全て夫が描いています。

葬儀後は役所に行ったり、銀行に行ったり、色々忙しかったので、なんとか乗り切れたのですが、その後、半端ない喪失感に襲われました。
身体は鉛のように重く、頭も働かず、体重は1ヶ月で3kg減少。
泣きすぎて、過換気症候群にもなりました。
自分でも、「このままじゃダメだ。」と思い、グリーフケアの勉強を始めました。

なので、グリーフケアの学びも共有できたらいいなぁと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

35歳で看護師を志して、36歳で看護学校に入学。
40歳で看護師になりました。
看護師歴約10年です。
看護学生時代にうつ病になり、約10年闘病しました。
病棟経験はほとんどありませんが、糖尿病クリニックで働きながら糖尿病療養指導士の資格習得を目指して勉強中。
2021年に夫が永眠し、グリーフケアの勉強も始めました。
茶トラくんと三毛猫ちゃんの兄妹(4歳)と一緒に暮らしています。

目次
閉じる