看護師向いてないと思い1年間引きこもっていた私が、看護師に復帰した理由

ねこちゃん

今日も先輩に怒られた…。
何にも出来ない自分が情けない…。
看護師向いてない…。
もう辞めたい…。

とうこ

私も看護師向いてないと思って、1年間引きこもってたから、その気持ちよく分かるよ。

毎日毎日、先輩に怒られる。

患者さんに対しても、何にも出来ない。

頑張ってるけど、ちっとも成長しない。

きっと看護師に向いてないんだ。

もう看護師辞めよう。

そう思って、1年間看護師を辞めて、引きこもっていました。

でも結局、今は、看護師やっています。

今日は、どうして私が看護師を辞めなかったのか、お話しますね。

目次

看護師7年目、1年間引きこもった

5年間、胃カメラ・大腸カメラがメインのクリニックで働いていました。

退職して、同じようなクリニックに転職しましたが、仕事がまったく出来ませんでした。

あまりにも出来ない自分にショックを受け、引きこもりました。

転機:1冊の本に出合う

引きこもっていたある日、本屋をぶらぶらしていたら、1冊の本に出合いました。

著者は仲本りささん。
新人看護師さんが、色んな患者さんとの出会いから学び、成長していく様子を描いたイラストエッセイです。

その本で、

膵がん末期で、手足がむくんで冷たい患者さんがいました。
そこで、足浴をすると「いい気持ち…。」と患者さんの顔がほころびます。

とうこ

私も、患者さんの「ほっとした顔」を見たくて、看護師になったんだ…。

その患者さんは、「故郷に帰りたい。」と願いますが、願いは叶いませんでした。

筆者の仲本さんは、

叶えてあげられなかった患者さんの願いを、次は叶えてあげられるように、私は、腕を磨いていくしかない

病院というへんてこな場所が教えてくれたこと 著:仲本りさ

「腕を磨いていくしかない」という言葉に、「はっ!!」としました。

今までの私は、腕を磨く努力をしたんだろうか…。

もっと、必死に、がむしゃらに頑張ってみてから辞めても遅くないんじゃないか…。

という思いに突き動かされて、引きこもりから看護師に復帰しました。

この頃、夫が体調を崩し、私が働かなくてはいけない状況になりました。
私は看護師になる前、10年間医療事務をしていたので、医療事務に戻るという選択肢もありました。
でも、看護師に戻ろうと思ったんです。

内科のクリニックに復帰

看護師に復帰しましたが、最初はひどいものでした。

でも「患者さんの、ほっとした顔が見たい!」と思い、諦めないで何回も挑戦しました。
時間はかかりましたが、段々出来るようになっていきました。

いつの頃からか、患者さんが笑ってくれます。

笑顔の患者さんを見ると、「諦めないで良かったな。」と思います。

数ある職業の中で、どうしてあなたは看護師を選んだんでしょう?
今諦めてしまって、後悔しませんか?

頑張れた理由:家族がから

偉そうに言ってますが、諦めずに頑張れたのは、夫の支えがあったからだと思います。

私の愚痴を、毎日聞いてくれました。
泣きながら帰っても、何も言わず隣にいてくれました。

そして、「無理しなくていいよ。
辛かったら、いつでも辞めていいんだよ。」と言ってくれました。

変なアドバイスもせず、ただ黙って聞いてくれた事で、どれだけ救われたか分かりません。

でも、夫が急逝し、話せる人がいなくなってしまいました。

今は、思うままノートに書き殴っています。

話したり、ノートに書いたりする事で、頭の中が整理されるんです。

今、悩んでいる皆さんにお伝えしたいのは、
「悩んでいる事を、誰かに話したり、ノートに書いてみたりするとよいよ!」という事です。

自分が何がイヤなのか、何に悩んでいるか、問題点が見えてきますよ。
おススメです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

35歳で看護師を志して、36歳で看護学校に入学。
40歳で看護師になりました。
看護師歴約10年です。
看護学生時代にうつ病になり、約10年闘病しました。
病棟経験はほとんどありませんが、糖尿病クリニックで働きながら糖尿病療養指導士の資格習得を目指して勉強中。
2021年に夫が永眠し、グリーフケアの勉強も始めました。
茶トラくんと三毛猫ちゃんの兄妹(4歳)と一緒に暮らしています。

目次
閉じる