看護師1年目で辞めた体験談から学ぶ、転職を繰り返さないための注意点

ねこちゃん

看護師1年目だけど、もう辞めたい…。
でも…。

あなたの、「でも…。」の中身はなんでしょう?

  • 経験が短くても転職出来る?
  • 転職出来たとしても、今度は続けられる?

私も、初めての転職は不安でした。
でも、入職6か月で退職したのに、合計6回も転職出来ました。

「6回も転職してるって事は1か所で続けられないんでしょ?」と、思いましたよね?
でも、最長5年、今のクリニックも1年以上続いています。

正直に言えば、私も「6回も転職したくなかったな…。」と思います。
なので、今日は、私の失敗を踏まえて、「転職を繰り返さないために気をつけたい事」をお伝えします。

目次

転職は、体調が落ち着いてから

転職を繰り返さないために気ををつけたい事

体調を整えてから就職する。

必要なら、退職後2~3か月後休んで、体調を整える

最初に就職した病院を、6か月で退職しました。
うつ病が悪化して、行く時に涙は止まらないし、行っても頭が働かないしで、逃げるように退職しました。

退職届けを出してすぐに、看護学校の先生に報告に行くと、先生の知り合いの病院を紹介してくれました。

「先生に紹介されたから、電話だけでもしてみるか」と、軽い気持ちで電話したら、あっさり面接が決まりました。

面接では、看護師長に「うちの病院は、教育体制もしっかりしてるし、長く続けている人が多いから安心してね。」と言われ、その場で採用が決まりました。

最初の病院は2次救急でしたが、今度は療養型病院だったので、「今度の病院は、バタバタしないかなぁ~」なんて思ってました。

糖子

それが甘かった!

実際は、教育体制0でした。
長く働いている人が多いから、新人向けの研修なんて無いんです。
プリもいませんでした。

いきなり、ぶっつけ本番です。
動脈の採血してこいとか。
怖すぎて刺せませんでした。
舌打ちされたけど。

最大の失敗は、うつ病が回復していないのに就職したことです。
私はうつ病がひどくなると、言われた事が覚えられなくなり、自分の頭で考えられなくなります。
そんな状態では仕事も覚えられず、何をしたらいいか考えられず、結局ここも6か月で退職しました。

入職前に、技術のイメトレを繰り返す

転職を繰り返さないために気をつけたい事

入職前にどんな業務があるのか、下調べをして、必要な技術のイメトレを繰り返す

2回目の転職は、病院時代の同期が転職したクリニックを紹介してもらいました。

同期の「先輩が優しいよ~。」という言葉を鵜呑みにしたんです。

入職前にクリニックのホームページは見ましたが、

糖子

「胃カメラと大腸カメラがメインなのかぁ~」

入職したら、

  • 患者さん全員ルート挿入(検査時セデーション入れるから当たり前)
  • 胃カメラと大腸カメラの介助
  • 健康診断があるから、胸のレントゲンと心電図は必須
  • クリニックだから、掃除とかごみ捨てなど雑用も看護師

病棟では、ほぼ毎日入浴介助しかしていませんでした。

採血ですら、数回しかやった事がありませんでした。
ルートなんて、とんでもない!

だから、最初は採血もルート挿入も出来ませんでした。
何回も先輩に代わってもらいました。

先輩からは
「あんなに血管出てたのに、なんで入れらんないの!?」
「クリニックは教育機関じゃない!」

糖子

はい。ごもっともです。

さすがに、「これはまずい!」と思いました。

転職3回目だったので、「ここで辞めたら、もう転職できない!」と思い、必死でした。
(必死になるのが遅い)

当時頑張った事
  • カメラの準備や掃除、ごみ捨てなどの雑用を率先してやる
  • 家でも、駆血帯で採血の練習
  • その日出来なかった事や、分からなかった事は調べる
ねこちゃん

1年目にやっておけば…。

毎日必死でやってたら、手技も段々出来るようになりました。
出来るようになると、先輩達とも仲良くなっていきました。

ここには、結局5年いました。
辞める時には、「採血上手くなったね!もうどこでも通用するから大丈夫!」と言ってもらえました。

経験したことのない処置や介助を、実践レベルに変換するためには、まずは「資料を見ないで暗唱する」という工程が必要です。

「一生を支える大切なスキル」著:原田高志

技術は根拠も学ぶ

転職を繰り返さないために気をつけたい事

技術の根拠も学んでおく

5年勤務したクリニックを辞めて、次に就職したのも、胃カメラ・大腸カメラがメインのクリニックでした。
半年で病棟を退職した私の、唯一の武器は、カメラの介助だと思っていたからです。

しかし!

5年の経験は、転職先では何の役にも立ちませんでした。

例えば大腸カメラの介助をする時に、カメラが中々入らない人は、お腹を押します。
5年勤務していたクリニックでは、勝手にお腹を押す事は許されませんでした。
院長の指示があった場所を、指示があった方向に押します。
指示通りにしなければ、患者さんの前であろうが、怒鳴り散らされます。

なので、怒られないようにするので精一杯でした。
「何でここを押すんだろう?」とか、「何でこの方向に押すんだろう?」とか考えませんでした。

でも転職先では、「5年もやってたんだから、どこを押すか分かるでしょう?」
「今さら説明しなくても分かるよね?」と言われます。

糖子

ごもっともです。
それが即戦力です。

即戦力になるには、技術が出来るだけでは足りないんです。
根拠を理解して、応用できないと。

周囲の「こいつ、使えねぇ~な。」の雰囲気に耐えられず、2~3か月で退職しました。

「5年間、何やってたんだろう…。」という思いでいっぱいでした。

ブランクは空け過ぎない

転職を繰り返さないために気をつけたい事

ブランクを空け過ぎない

2~3か月での退職が3回続き、「もう看護師向いてない…。」と思いました。
1年ほど専業主婦を装って、引きこもっていました。

夫が体調を崩したので、私が稼がねばならなくなりました。
仕事も家事も私一人で頑張らねばと思い、家から近いクリニックを選びました。
志望理由は「自宅から近い」だけです。

しかし、入ってみれば

  • 採血できない(←今までトンボで採血した事がなかったから)
  • 問診取れない(←5年いた所では電子カルテを開くことも許されなかったから)

という、「今まで何やってきたの?」状態でした。

採血が出来なくなった理由は、私の場合はトンボになったことより、1年間のブランクの方が大きかったと思います。

糖子

せめて、週に1回でもバイトを続けていれば、感覚が鈍らなかったのでは…。

また、家で毎日イメトレ&その日の復習を続けました。

毎日やった事
  • 駆血帯に毎日針を刺して、採血の練習
  • 採血の本や、動画を見て勉強
  • 疾患の勉強

毎日練習したり、先輩に教えてもらったりして、今では、ほぼ成功するようになりました。
問診も、何を聞かなくちゃいけないか、段々分かってきました。

そんな感じで、今のクリニックは1年続いています。

まとめ:使える免許にするには、どこかで苦労はしないといけない

10年間で6回の転職した私の、ダメだった点をまとめると

  • 体調を整える前に、ホイホイ流れにのって転職した
  • 入職前の勉強・イメトレが足りなかった
  • パワハラを恐れ、自分の頭で考えなかったので、技術の根拠が身に付かなかった
  • 1年のブランクを空けた

転職する時には、こんな事に気をつけるとよいよ!という点は

  • 体調をある程度整えてから就職する
  • 入職前には、具体的にどんな手技が必要か勉強して、その手技のイメトレをする
  • 技術の根拠も押さえる(技術と根拠はアップデートもする)
  • あんまりブランクを空けない

免許は取っただけでは使い物になりません。
使える免許にするまでには、どこかで苦労しないといけません。

でも使える免許になれば、将来の選択肢が広がります。

糖子

引っ越しても、出産しても安心!


あなたの転職が、うまくいきますように。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

35歳で看護師を志して、36歳で看護学校に入学。
40歳で看護師になりました。
看護師歴約10年です。
看護学生時代にうつ病になり、約10年闘病しました。
病棟経験はほとんどありませんが、糖尿病クリニックで働きながら糖尿病療養指導士の資格習得を目指して勉強中。
2021年に夫が永眠し、グリーフケアの勉強も始めました。
茶トラくんと三毛猫ちゃんの兄妹(4歳)と一緒に暮らしています。

目次
閉じる